賃貸物件の最上階は住みやすい?メリットやデメリットをご紹介の画像

賃貸物件の最上階は住みやすい?メリットやデメリットをご紹介

生活のお役立ち情報

有吉 章

筆者 有吉 章

不動産キャリア20年

お客様に喜んでこんでもらえるよう心掛けてまいります。よろしくお願い致します。

賃貸物件の最上階は住みやすい?メリットやデメリットをご紹介

賃貸物件でのお部屋探しの際、最上階のお部屋を選ぶことも視野に入れているという方は多いでしょう。
実際のところ、賃貸物件の最上階における住みやすさはいかほどなのでしょうか。
今回は、賃貸物件の最上階に住むメリットやデメリット、暑さ対策についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の最上階に住むメリット

数ある賃貸物件のお部屋のなかから最上階のお部屋を選ぶメリットは、ほかの階にない開放感です。
日当たりが良くお部屋のなかが明るいほか、眺望が良いため日常のふとした瞬間にも癒しを感じられます。
また、上階からの騒音を気にする必要がないため、静かな環境でのびのび生活したい方に向いているお部屋だと言えるでしょう。
高い階層にある分プライバシーの保護や防犯にも大きな利点があり、最上階にしかない設備が用意されているなど特別待遇が受けられる場合もあります。

賃貸物件の最上階に住むデメリット

賃貸物件の最上階が抱えるデメリットは、地震や火事などの災害による影響をもっとも大きく受けるほか、避難も難しいという点です。
一般的に、地震は高い階層ほど揺れが大きく家具が倒れやすい、ライフラインが止まりやすいという傾向にあります。
緊急時はエレベーターが停止する可能性も高いため、避難の際に階段を使わなければならなかったり、高所からはしごを使用したりして降りなければならない場合もあります。
また、通常の生活においては熱がこもりやすく、暑さの厳しい夏場には熱中症などにも気を付けなければなりません。
ほかの階にあるお部屋と比べて家賃が高く設定されていることが多く、住居にお金をかけたくない方には不向きです。

賃貸物件の最上階に住む際の暑さ対策

最上階のお部屋に住むうえでとくに問題となるのが、日当たりの良さに起因する暑さです。
熱がこもるのを防ぐため、風通しの良さを利用して窓を開け、換気をおこなうなどの暑さ対策が必要になります。
窓を開けるだけではあまり暑さが変わらない場合は、サーキュレーターを利用してお部屋の空気を循環させるのもおすすめです。
また、強い日差しが室内に入るのを防ぐため、遮光グッズを用いるのも効果があります。
お部屋のカーテンを遮光タイプにする、窓に遮光シートを貼るなどして直射日光を防ぎ、室内に熱がこもらないように工夫しましょう。
カーテンの代わりにすだれをかける、ベランダがあればつる植物を用いた緑のカーテンを作るといった方法もあります。

まとめ

賃貸物件の最上階は眺望が良く開放感がありますが、もしもの場合の避難が難しく家賃も高いという欠点を抱えています。
また、日当たりの良さによって気温が高くなりがちなため、お部屋の換気や遮光グッズを用いた暑さ対策も重要です。
有限会社福徳不動産は、周南市・下松市・光市の賃貸物件を取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”生活のお役立ち情報”おすすめ記事

  • 寒さや結露を防ぐために!賃貸物件でできるアルミサッシ窓の断熱対策の画像

    寒さや結露を防ぐために!賃貸物件でできるアルミサッシ窓の断熱対策

    生活のお役立ち情報

  • ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!の画像

    ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸契約の更新は断られることがある?断られた時の対処法をご紹介の画像

    賃貸契約の更新は断られることがある?断られた時の対処法をご紹介

    生活のお役立ち情報

  • 古い和室をおしゃれに見せる方法は?和室のメリット・デメリットもご紹介!の画像

    古い和室をおしゃれに見せる方法は?和室のメリット・デメリットもご紹介!

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸物件の更新料とは?更新手続きの流れと注意点の画像

    賃貸物件の更新料とは?更新手続きの流れと注意点

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸物件で画鋲は使用しても大丈夫?おすすめの代用品は?の画像

    賃貸物件で画鋲は使用しても大丈夫?おすすめの代用品は?

    生活のお役立ち情報

もっと見る