好条件の賃貸物件なのに相場よりも家賃が安い理由とは?の画像

好条件の賃貸物件なのに相場よりも家賃が安い理由とは?

生活のお役立ち情報

有吉 章

筆者 有吉 章

不動産キャリア20年

お客様に喜んでこんでもらえるよう心掛けてまいります。よろしくお願い致します。

好条件の賃貸物件なのに相場よりも家賃が安い理由とは?

相場よりも家賃が安い賃貸物件にはお得感がある一方で、なにか理由が隠されていることがあります。
その理由を知らずに賃貸借契約を結び、あとからトラブルになるケースも少なくありません。
好条件にも関わらず家賃が安い賃貸物件を見つけたときは、家賃が安い理由を探ることが大切です。
この記事では、賃貸物件の家賃が安い理由をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相場よりも賃貸物件の家賃が安い主な理由

低層階の部屋は、高層階と比べて家賃が低い傾向があります。
その理由は、低層階は高層階よりも日当たりや風通しが悪いからです。
また、賃貸物件の近くに線路や工場、交通量が多い道路がある場合、騒音や振動が気になるため家賃が安いことがあります。
取り壊しが決まっている賃貸物件は、家賃を下げて期間限定で貸し出されることも珍しくありません。
取り壊す理由は、建物の経年劣化だけではなく都市開発による立ち退きのケースもあります。

賃貸物件の家賃が安い理由が事故物件の場合

相場よりも3割以上家賃が安い賃貸物件は、事故物件かもしれません。
事故物件とは、心理的に恐怖や嫌悪感を抱くような物件のことです。
たとえば、事件や事故があった物件、前の住人が室内で不審死をした物件などです。
事故物件では、どんなに室内を掃除して事件や事故の痕跡を消したとしても、事故物件である事実は変えられません。
「事前に事故物件と知っていたら借りなかった」と思う方が多いでしょう。
不動産会社は事故物件を貸し出す場合、借主に対して事故物件である事実を事前に伝えなければなりません。
物件情報に「告知事項あり」と記載されている賃貸物件は、事故物件の可能性があります。

賃貸物件の家賃が安い理由が引っ越し時期の場合

賃貸物件には、入居希望者が少ない閑散期があります。
一般的には、4~6月と10~11月が賃貸物件の閑散期です。
この期間の空室を解消するため、同じ物件であっても家賃や礼金が安くなることも珍しくありません。
一方、引っ越しシーズンである1~3月は不動産の需要が高いため、家賃が高く設定されることがあります。
家賃の変動を見極めて安い時期に賃貸借契約を結ぶことで、家賃を安く抑えることが可能です。

まとめ

賃貸物件の家賃が相場よりも安い場合、何か理由があるかもしれません。
物件情報に「告知事項あり」と書かれているときは、事故物件の可能性があります。
また、家賃は時期によって変動することもあるため、家賃を少しでも安く抑えたい方は不動産の閑散期に賃貸借契約を結ぶことをおすすめします。
有限会社福徳不動産は、周南市・下松市・光市の賃貸物件を取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”生活のお役立ち情報”おすすめ記事

  • 寒さや結露を防ぐために!賃貸物件でできるアルミサッシ窓の断熱対策の画像

    寒さや結露を防ぐために!賃貸物件でできるアルミサッシ窓の断熱対策

    生活のお役立ち情報

  • ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!の画像

    ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸契約の更新は断られることがある?断られた時の対処法をご紹介の画像

    賃貸契約の更新は断られることがある?断られた時の対処法をご紹介

    生活のお役立ち情報

  • 古い和室をおしゃれに見せる方法は?和室のメリット・デメリットもご紹介!の画像

    古い和室をおしゃれに見せる方法は?和室のメリット・デメリットもご紹介!

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸物件の更新料とは?更新手続きの流れと注意点の画像

    賃貸物件の更新料とは?更新手続きの流れと注意点

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸物件で画鋲は使用しても大丈夫?おすすめの代用品は?の画像

    賃貸物件で画鋲は使用しても大丈夫?おすすめの代用品は?

    生活のお役立ち情報

もっと見る