賃貸物件を探しているご家族必見!家族構成別の間取りや家賃の目安とは?の画像

賃貸物件を探しているご家族必見!家族構成別の間取りや家賃の目安とは?

生活のお役立ち情報

有吉 章

筆者 有吉 章

不動産キャリア20年

お客様に喜んでこんでもらえるよう心掛けてまいります。よろしくお願い致します。

賃貸物件を探しているご家族必見!家族構成別の間取りや家賃の目安とは?

家族で賃貸物件に住むにあたり、間取りや家賃に頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。
この記事では、家族構成別の間取りと家賃の目安をご紹介します。
また、住み替えのタイミングや費用についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

家族で賃貸物件に住む際の間取りの目安とは?家族構成とともにご紹介!

3人家族で2LDKに住む場合、2部屋を寝室に充てることができますが、収納面に心配が残ります。
そのため、ゆとりを持って生活したい方には3LDKがおすすめです。
4LDKでは、3人の場合は部屋が多すぎる可能性もありますが、趣味の部屋など専用で使いたい場合には良いかもしれません。
4人家族で住む場合は、3LDKがちょうど良い広さだといえるでしょう。
2LDKでは個人の部屋を設けることが難しく、2段ベッドにしたり、仕切りを活用したりと工夫が必要です。
4LDKは十分な広さがあるため、ライフスタイルに応じた自由な使い方ができるでしょう。
しかし、4LDKの賃貸物件はあまりなく、コストもかかるため慎重に選ぶ必要があります。

家族で住む賃貸物件の家賃相場はどれくらい?家族構成とともに家賃の目安をご紹介!

3〜4人家族で2LDK〜3LDKの賃貸物件に住むと想定した場合、大都市での家賃相場はおおよそ10〜15万円が目安です。
月収の3割が家賃の上限だといわれているため、手取り月収が30〜45万円ほどあれば、子どものいるご家庭でも無理なく生活することができるでしょう。
しかし、子どもの学費や習い事などにもお金がかかるので、月収の3割を超えない家賃設定が大切です。
家賃を抑えたい方は、家賃が安いエリアを検討したり、ややコンパクトな賃貸物件を借りて仕切りをつけたりするのがおすすめです。

家族で賃貸物件に住む場合の住み替えの目安とは?住み替え費用も解説

引っ越しのタイミングを自由に決められるのが、賃貸物件の良いところです。
ご家族の場合は、子どもの誕生や成長にあわせて住み替える方が多く見られます。
地域や家賃にもよりますが、住み替えのための賃貸物件の初期費用としては50万円程度を用意しておくと安心です。
費用を抑えて住み替えるには、繁忙期の引っ越しを避けたり、敷金や礼金がかからない物件を探したりする必要があります。

まとめ

家族で賃貸物件に住む際の、家族構成別の間取りや家賃の目安をご紹介しました。
3LDKの賃貸物件であれば、3人家族はゆとりを持って、4人家族はちょうど良い広さで生活できます。
また、家賃は手取り月収の3割程度が目安です。
学費なども考慮し、無理のない計画を立てましょう。
私たち有限会社福徳不動産は、周南市・下松市・光市の賃貸物件を取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”生活のお役立ち情報”おすすめ記事

  • 寒さや結露を防ぐために!賃貸物件でできるアルミサッシ窓の断熱対策の画像

    寒さや結露を防ぐために!賃貸物件でできるアルミサッシ窓の断熱対策

    生活のお役立ち情報

  • ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!の画像

    ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸契約の更新は断られることがある?断られた時の対処法をご紹介の画像

    賃貸契約の更新は断られることがある?断られた時の対処法をご紹介

    生活のお役立ち情報

  • 古い和室をおしゃれに見せる方法は?和室のメリット・デメリットもご紹介!の画像

    古い和室をおしゃれに見せる方法は?和室のメリット・デメリットもご紹介!

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸物件の更新料とは?更新手続きの流れと注意点の画像

    賃貸物件の更新料とは?更新手続きの流れと注意点

    生活のお役立ち情報

  • 賃貸物件で画鋲は使用しても大丈夫?おすすめの代用品は?の画像

    賃貸物件で画鋲は使用しても大丈夫?おすすめの代用品は?

    生活のお役立ち情報

もっと見る