【賃貸物件】下松市の一覧

25

下松市の家賃相場

1R ~ 1K 1DK ~ 1LDK 2K ~ 2LDK 3K ~ 3LDK 4K ~ 4LDK以上
家賃相場 5.8万円 5.5万円 5.3万円 5.7万円 -
空室件数 20室 10室 6室 1室 -

下松市

変更
物件種別
賃料
築年数
面積
間取り
駅・バス停からの時間
情報公開日
画像・動画あり
条件

該当物件は

25

山口県下松市近辺の画像

山口県下松市エリア情報
下松市は、人口約57,000人が暮らすコンパクトなまちです。
下松市の南側は、瀬戸内海に面していて、穏やかな海と豊かな歴史が織りなす、住みやすいまちとして知られています。

【自然の魅力】
笠戸島は海に囲まれ、本土と笠戸大橋で結ばれています。
「笠戸島家族旅行村」や「はなぐり海水浴」といった多数の家族旅行やキャンプにおすすめのスポットがあります。
さらに、美しい瀬戸内海を一望できる露天風呂や、地元の海の幸を心ゆくまで楽しめる「国民宿舎 大城」もあり、多くの観光客を引き寄せています。
笠戸島の北部には、夕日岬という場所があり、ここからは西日本有数の美しい夕日を楽しむことができます。
岩場には、海水の浸食によってできた穴が開いた「はなぐり岩」があり、瀬戸内海に沈む夕日とともに、その美しい夕焼けが楽しめます。
特に、冬場に水面が茜色に染まる様子は見逃せません。

【歴史と文化】
下松の地名には、星に関する由来が存在します。
推古天皇の時代(西暦595年頃)、鷲頭庄青柳浦の松に大星が降り、7日7夜にわたって輝き続け、「百済の皇子がこの地へ来る」というお告げがあったという伝説が残っています。
「星が降った松」が「降り松」となり、それが「下松」になったとされています。
また、その伝説に関連しているかのように、3年後に百済の琳聖太子が渡来し、それ以来、百済との交易が始まったといいます。
交易の拠点であった津を「百済津」と呼び、それが転じて「くだまつ」となったという説もあり、これらの言い伝えを引き継ぎ、暮らしの中に「星ふるまち下松」として息づいています。

【産業の進展】
工業都市としても知られる下松市は、「ものづくり」のまちとして、多岐にわたる産業が栄えています。
鉄道車両や船舶などの輸送機器から、鋼鈑やハイテク産業に至るまで、技術の進展と製造力は市の経済を支えています。

【高い住みやすさ】
全国での「住みやすさランキング」で常に上位をキープしている下松市、その理由を子育て世代の経済的支援に見ることができます。
子ども医療費助成制度や幼児教育・保育の無償化の実施など、安心して子育てができる環境が整っています。
水道料金も全国的に安く、コストパフォーマンスの良い生活環境が提供されています。
地方で人口減少が続く中、下松市の人口は微増を続けています。

【まとめ】
下松市は、美しい自然、豊かな歴史と文化、強固な産業基盤、そして「住みやすさランキング」で証明された高い利便性と快適さで、多くの人々を魅力しています。
これらが絶妙にバランスを保ちながら共存しているのが、下松市の大きな魅力であり、これからもその持続可能な発展と安定が期待されるまちです。
福徳不動産は、周南市・下松市・光市の賃貸物件を取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にご相談ください。

山口県下松市のおすすめ物件